2020年3月26日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

赤木さんを死に追いやったのは、だれだ
-森友学園改ざん問題-妻が提訴

 私が事件記者として捜査一課を担当していたとき、神経をピリピリさせていたのが、所轄署から上がってくる変死報告書だった。ABCに分けられ、A変死は他殺など事件性あり。B変死は病死や自殺など事件性なし。C変死は、ABいずれか判断のつかないもの。解剖して時間をかけて判断する。

 唐突にこんなことを思い出したのは、近畿財務局元職員の赤木俊夫さん(死亡当時54)の手記と遺書を読んだからだ。これがB変死、自殺で片づけられていいものか。少なくとも自殺に関わる事件性ありとされなければ、法治国家の体をなしていないのではないか。

 国有財産管理官だった赤木さんは、森友学園国有地売却問題で財務省による公文書改ざんが報道された2018年3月、自ら命を絶ち、妻が先週、「自殺は改ざんを強いられたからだ」として国と佐川宣寿理財局長(当時)を相手取って提訴した。

 手記は国有地問題発覚当時から財務省が国会で虚偽答弁を繰り返していることに「心身ともに痛み、苦しんでいます」と書いたうえで、赤裸々な文字が並ぶ。

 〈朝日新聞の(文書書き換え)報道、決裁文書差し替えは事実です。すべて佐川局長の指示です。学園を厚遇したと疑われる箇所は、すべて修正するよう指示があったと聞きました〉

 担当官だった赤木さんも改ざんに手を染めることになる。〈修正作業の指示があり、私は相当抵抗しました〉と書かれ、このとき、赤木さんは妻に「内閣が吹っ飛ぶようなことを命じられた」と打ち明けている。だが、本省の指示に過剰反応、修正は拡大していく。

 そんななか、赤木さんはうつ病を発症。〈抵抗したとはいえ、関わった者として責任をどう取るか。この方法しかありません〉。

 手記とは別の遺書には、〈最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ。命 大切な命 終止府(符)〉と書かれていた。

 この赤木さんの死は、だれにも責任はないのか。だったらパワハラはだめでも、パワハラ自殺はだれにも責任はないということになる。

 赤木さんを死に追いやったのは、だれだ。赤木さんにこんな手記と遺書を書かせたのは、だれだ。

 なにより大事なことは、決して赤木さんの妻だけの戦いにしてはならないということではないだろうか。

(2020年3月24日掲載)

|

2020年3月19日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

ウイルスバラまき男って誰だ
-人権考慮で氏名公表なし-

 一向に収束の気配が見えない新型コロナウイルス感染。人々が不安や恐怖と必死に闘っているとき、それを逆なでするような信じられないことが起きる。

 陽性と確認された愛知県蒲郡市の56歳の男が「ウイルスをバラまいてやる」と言って、飲食店やフィリピンパブで飲んで、食って、歌って、女性を抱き寄せて。外部からの通報で店が110番したが、警察は防護服を着用しての出動。店に到着したのは男がタクシーで帰ったあとだった。

 市民を恐怖のどん底に突き落とすとんでもない男だが、この男について愛知県の発表はいまもって「男性・50歳代・愛知県のいずれかに在住」というだけ。男性の人権とプライバシーに配慮してのことだという。

 そんな県の配慮に従っていたら市民が危ないと、この蒲郡市や半田市などが反旗をひるがえし、「県が発表したその人はわが市在住です」と公表を決断。それがなかったら蒲郡のこの恐怖の一件は、市民から店への通報もなかったはずだ。

 それでも愛知県が頑として公表を拒むなか、事態はさらに深刻化。愛知県豊田市の30代の女性の感染が確認されたが、市の幹部は「県の方針」として、勤め先や感染経路の公表をすべて拒否。私が出演している東海テレビや朝日、中日の記者の「市民の安全はどうでもいいのか」という強硬な抗議に、やっと口を開いた内容は「県が公表した42例目の男性」というもの。

 その男性こそがウイルスバラまき男で、女性はそのフィリピンパブで接客。たまたま男が座ったソファで化粧直しをして感染したとみられるが、愛知県も豊田市も「42例目」とだけ公表して「その男は、うちの市民」と明らかにした蒲郡市に一切合切、責任を押しつけてしまった。

 国のクラスター対策班が、抵抗があるなか4カ所のライブハウス名すべて公表した大阪府を「感染を防ぐ非常にうまい方法」と絶賛しても、愛知はどこ吹く風。なぜ県は元暴力団員のこの男の人権を、こうまでして守り通そうとするのか。

 ウイルスを感染させられた女性は怖さと悔しさで、泣きじゃくっていたという。

 3月16日現在、新型コロナウイルス感染による死者はクルーズ船を除いて28人。うち愛知県が14人。断トツの全国一である。

(2020年3月17日掲載)

|

2020年3月12日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

我々は同じ過ちを繰り返すのか
-東日本大震災から9年-

 東日本大震災は、あす11日で発生から9年となる。今年は新型コロナウイルス感染の影響で、国の追悼式は中止。被災地は福島など被災3県でも学校は休校。卒業式も中止や縮小となっているところが多い。だけどこの春、中学を卒業する生徒は震災の年、小学1年生。入学式どころではなかった。

 「この子たちは義務教育の始めも終わりも式はなし。だけんど国さ、そんなことは考えてもいなかろう」

 震災の翌年から定点取材している川俣町山木屋地区をはじめ、福島の方からこんな声を聞いた。そして多くの人が、このコロナウイルスに「放射能汚染に追い詰められたあのときを思い出す」と顔を曇らせる。

 後手後手にまわっていたのに「原子炉内に封じ込める」「ただちに人体への影響はない」。そんな国のアナウンスを何度聞いたか。

 そして今回は放射能と同様、見えないウイルスとの戦い。国は「なんとしてでも水際で止める」としてクルーズ船の乗客を船に留め置いたあと電車やバスで帰宅させ、一方で中国全土からの入国は止めず、武漢とその周辺からの渡航者だけを隔離した。その結果、気がついたときには手に負えない市中感染になっていた。そこになんとしてでも東京五輪までには収束した姿を、という焦りはなかったか。

 昨年も足をのばした浪江町と双葉町。全町帰還困難区域となっていた双葉町は3月4日、一部解除がされた。たしかに一筋の光だか、立ち入れるのは、14日に全線開通となる常磐線の双葉駅周辺など町面積の4・6%。将来またこの町に戻ってきたいという住民は全体の10・5%にとどまっている。福島では、いまも1万人余りが避難生活を続けている。

 一方で、昨年も歩いてみた双葉町中野地区の復興再生拠点区域。洗濯機、風呂桶、タイヤ、山積みの災害ゴミの向こうで巨大なビルの建設が進む。震災遺産の「原子力災害伝承館」。周辺は復興祈念公園として整備され、今年中のオープンを目指すという。

 町面積の95%を奪われ、90%の住民がふるさとへの帰還をあきらめようとしているとき、目に見えない放射能との戦いは、検証もないまま伝承していくものなのか。私たちは、いつも同じ過ちを繰り返しているように思えてならない。

(2020年3月10日掲載)

 

|

2020年3月 5日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

ウイルスとの戦い最中 新たな敵作るとは…
-ギャンブル・薬物に溺れた警部補- 

 連日、報道しながら新型コロナウイルスとの戦いはまさに死闘、いまが正念場という思いを深くする。あらためて20世紀の終わり、欧米の社会学者が「21世紀、人類はテロとウイルスとドラッグとの戦いになる」と予測していたのを思い出す。

 そんなとき、広島テレビの「広島中央署8500万円盗難事件取材班」の女性記者が「これが最後のインタビューです」と大阪までやってきた。事件は2017年5月、広島中央署の金庫に入れてあった詐欺事件の証拠金、8572万円が盗まれるという日本の警察史上、前代未聞の大失態。

 捜査は難航を極めたが、県警は先月14日、事件の4カ月後に死亡した警部補(当時36)の犯行と断定し、被疑者死亡で書類送検。なんとも、やりきれない形で事件は決着した。

 タイトなスケジュールのなか日曜の午前中なら、と取材を受けたのは、この警部補が極度のギャンブル依存症、そして薬物依存症で、そうしたなか9回にわたって県警が任意で取り調べ。その音声データを取材班が入手したと聞いたからだ。

 あらためてギャンブルの恐ろしさを感じる。警部補は同僚から数千万円借り、犯行直後とみられる時期に1000万円を返済。また事件発覚数日後には、4800万円を競馬につぎ込み、「金を溶かす」と呼ばれる証拠隠滅をはかっている。

 だが、そうしたことを突きつけられても、警部補は必死に潔白を証明するわけでもなく、かといって激高するわけでもなく、どこか投げやり。「疑るなら、くくりゃ(逮捕したら)ええじゃろ」と開き直りながら、頭の中はギャンブルのことばかり。「土曜も日曜もウインズ(場外馬券売り場)に行きます。マークしておいてくださいよ、俺のこと」。

 そんな中、警部補は薬物に溺れていく。取り調べの音声を聞いても次第にろれつが回らなくなってきていたその年の9月、実家で死亡しているのが見つかった。向精神薬など数十種類の薬物がそばにあったという。

 ギャンブルとドラッグ。ともに依存症という泥沼が待ち構えている。だが、現政権は自民党議員が汚職で逮捕されようと、カジノは何がなんでも誘致するという。ウイルスという敵と死に物狂いで戦っているときに、もう1つ敵を作って、いったいどうする気なんだ。

(2020年3月3日掲載)

 

|

2020年2月27日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

いつもの隠蔽と強弁…諸外国は納得せず
-手ごわい新型コロナへの対応策は-

 テレビでコメントしたり、こうして原稿を書いていて、最近しきりに名刑事とうたわれたデカさんから聞いた言葉が浮かんでくる。

 「事件には、だれがやっても挙げられる事件と、だれがやっても挙げられない事件。そしてもうひとつ、やりようによっては挙げられる事件がある。わしらの仕事は、そのやりようによっては挙げられる事件を挙げることだ」。

 新型コロナウイルスによる肺炎はついにクルーズ船から複数の死者を出し、感染は未就学児にまで広がった。たしかに、だれがやってもむずかしい事態だ。

 だけど明らかに対応策は間違いだった。別のやりようがあったのではないか。とりわけ海外メディアの反応は手厳しい。

 ニューヨーク・タイムズが「クルーズ船はこうしてはいけないという見本」と書けば、フランス24は「浮かぶ監獄」。

 こちらの苦労も知らないで、と言い返したい気もあるが、ここは、亡くなった84、87歳といった高齢者は先に下船してもらうことはできなかったのか。陽性陰性を調べるPCR検査をなぜ、もっと早く民間に委託しなかったのか。素直に省みてもいいのではないか。

 そうそう、もうひとつ、名刑事の言葉があった。「ナメるな。甘くみるな。事件はどれも手ごわいぞ」。

 たしかにウイルスの感染力は弱い。だけど船内で陽性となった人を、収容先がないといって陰性の人の部屋に戻したらどうなるか。ウイルスをナメていたと言われてもうつむくしかない。

 じつは、このところ気になってしかたがないことがある。当初、国も自治体も感染者の行動経路、範囲をひた隠しに隠していた。いつもの隠蔽体質だ。そして死亡者の発症時期の微妙な訂正。まさか改ざんではないだろうな。

 なにより目立つのは、まともに答えない、はぐらかしと、いつもの強弁だ。船内隔離が批判されると「あれは隔離ではない。検疫の続行だった」。クルーズ船からの下船も「全員陰性を確認した。隔離の必要はない!」。でも早々、感染者が出た。

 うんざり、げんなりの国政では通用しても、諸外国が納得するはずがない。いつ終わるか、わからない戦い。でもそのことは、いま「やりよう」を変えても決して遅くはない、ということではないのか。

(2020年2月25日掲載)

|

2020年2月20日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

20年間の「その後」胸に残るだけにがっかり
-槇原容疑者覚醒剤所持疑い逮捕-

 ABCテレビ(大阪)の夕方ニュース「キャスト」のスタジオ。次々飛び込んでくる新型肺炎の情報でスタートから騒然としていたフロアに、一層緊張が走った。CMに入るのを待ちかねたように届けられたメモを見て驚くと同時に、心の底からがっかりした。

 シンガーソングライターの槇原敬之容疑者(50)が2年前に自宅で覚醒剤などを所持していたとして13日、警視庁に逮捕された。ご存じの方も多いだろうが、槇原容疑者は20年前の1999年にも、やはり覚醒剤所持の疑いで逮捕され、有罪判決を受けている。

 だけど私たち事件を報道する者の胸に強く残っているのは、槇原容疑者の「その後」だった。再犯率が最も高いといわれる薬物犯罪。芸能人やスポーツ選手が再び大麻などに手を染めてしまったとき、私は「槇原さんを見てごらん。あれほど見事に立ち直った人だっているんだ」と、いったい何度、コメントしたことか。

 そういえば、この日は覚醒剤所持で5度目の逮捕となったタレントの田代まさし被告(63)の初公判が仙台地裁で開かれた日だった。
 だけど、その後の槇原容疑者は違った。平成の時代、日本人にもっとも歌われた曲といわれる「世界に一つだけの花」の楽曲をSMAPに提供するなど活躍は私がここであらためて書くまでもない。それなのに…。

 じつは私が心底がっかりしたと書くのには、もう1つ理由がある。私の胸に深く刻み込まれている出来事があった。ABCのスタジオ、女性アナに「ぜひ」と言われて、そのエピソードを紹介させてもらった。

 前回の事件の裁判。論告公判で懲役刑を求刑した若い検察官は求刑理由の書類を置くと槇原被告の目をじっと見て、こう切り出した。

 ―司法試験のため、真冬の深夜、必死で勉強していたあのころ、ラジオから流れてくる、あなたの歌声に、あなたが作詩作曲した楽曲に、どれほど励まされ、勇気づけられたことか。それは決して私だけではありません。みんながまた、あなたの歌をもう1度聞きたいと願っている。そのことを、どうか忘れないでください―。

 検察官としては、異例の言葉。それなのに…。

 今は、多くの人が槇原容疑者の姿から、心底薬物の怖さを知ってほしい。せめて、そう願うしかない。

(2020年2月18日掲載)

 

|

2020年2月13日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

あれから18年…私たちの国は何をしてきたのか
-有本恵子さんの母 嘉代子さん死去-

 北朝鮮による拉致被害者、有本恵子さん(当時23)の母、嘉代子さんが先週、亡くなった。94歳だった。訃報を伝えるABCテレビ(大阪)の夕方ニュース、「キャスト」では、局を退職したあとも取材を続ける元プロデューサーのIさんが昨年12月23日に撮影した映像が流れた。

 自宅のベッドでじっと天井を見つめたまま。だけど北朝鮮による拉致を訴えても反応しなかった、あのときの国への思いはいまも忘れない。「わかっていたのに動かない。あれが大失敗やった」と唇を噛む。

 その嘉代子さんを「お母さん」と呼んでカメラを回し続けたIさんの紹介で、私も何度か嘉代子さんにお目にかかった。おっとりと話す横田めぐみさんの母、早紀江さんとは対照的に、マイクを持って少し前かがみ、歯切れのいい関西弁で「絶対取り戻す。そやから力を貸して」と訴えてきた嘉代子さん。でも、ここ数年は「一目でええ。会いたいんや」と言うことも多かった。

 毎日の食卓には欠かさず恵子さんのぶんも用意され、1月12日は恵子さんの誕生日。だけど今年は還暦を祝うケーキの前に、年明け、骨折で入院した嘉代子さんの姿はなかった。

 夫の明弘さん91、横田早紀江さん84、夫の滋さん87。早紀江さんは「会えるまで絶対に元気でいると言っていたのに…。拉致被害者の親は明弘さんと私たち夫婦、たった3人になってしまいました」と、肩を落とされていたという。

 2002年の小泉訪朝、蓮池、地村、曾我さんや、その家族の帰国。だが、あれから18年、私たちの国はいったい何をしてきたのか。もちろん、だれがやろうと難しい問題であることはわかりきっている。と同時に、拉致被害者を取り戻せるとすれば政治の力しかないこともわかりきっている。

 「政権の最重要課題、1丁目1番地」と位置づけながら、国民の目から見れば、いつの間にか北方4島返還や憲法改正に移っている。そんなことで理不尽、不条理、暗黒国家の厚い扉を壊せるわけがない。燃え盛る、たぎる思い、火の玉となってぶち当たるしかない。

 神戸の斎場。記者から嘉代子さんの思い出を問われた明弘さんは、唇をふるわせ、声をしぼりだした。
 今は無理や。涙は出るけど、言葉は出えへん─ 

(2020年2月11日掲載)

 

|

2020年2月 6日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

何でも隠す体質が国民の命を危険にさらす
-新型肺炎感染者の行動経路を明らかに!!-

 テレビで放送させてもらうニュース番組も情報番組も、大半が新型コロナウイルスによる肺炎。町や駅は、人の波というよりマスクの波。そのマスクも品切れだという。ここまで来ると押し戻すか、押し切られるかの戦争という気がしてくる。

 そんなとき、またぞろ、どうにも我慢のならないことが起きている。国や自治体の市民を小ばかにした、上から目線の情報隠しだ。

 これまで日本国内の感染者は20人。地域は奈良、大阪、京都、三重、愛知、神奈川、東京、千葉など広域にわたっている。そうしたなか一部の県では、感染者の国籍から居住する市町村、行動経路や行動範囲、何から何までひた隠しに隠している。

 その理由としては、厚労省の方針とするものから風評被害、感染者のプライバシー、またある県の知事のように「必要以上の情報を出すとパニックが起きる」といったものまでさまざまある。だが、そのどれもが「詳しいことを教えたら、ろくなことがない」と、市民をまるで聞き分けのない子ども扱いにしているのだ。

 そんななか、さすが「お上何するものぞ」の大阪府。これまで感染が確認された旅行ガイドの女性について、40代、大阪市在住。武漢からのツアーとともに大阪城、ベイエリアに立ち寄り、その後、別のツアーと東京に行き、新幹線、地下鉄を使って帰宅、と明らかにしている。府は今後、感染者が出た場合、もっと詳細に行動経路を公表するという。

 気になって大阪のテレビ番組で公衆衛生の専門家に聞いてみると、まさしくこちらの方が科学的で理にかなっている。聞けばコロナウイルスに限らず、ウイルスが感染力を持っているのは、せいぜい1日から2日。たいていは数時間という。とすると、公表した先月末時点で、大阪城などにガイドが立ち寄ってから1週間。もはやウイルスに感染力はない。他方、そのときその場で、濃厚接触によって感染した人がいたとしたら潜伏期間は2週間。ウイルスにまだまだ感染力はある。ガイドの行動を知って、もしやと検診を受ければ二次、三次感染は防げるのだ。

 科学的知見の少ない私でさえわかるこんなことを、国が知らないわけがない。なんでも隠す、隠し通す。その体質が、ついに国民の命まで危険にさらそうとしている。

(2020年2月4日掲載)

 

|

2020年1月30日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

パラ用具の試行錯誤どうなる?
-ナイキ厚底シューズ-

 テレビ番組のスタジオ。陸上競技の実業団の監督やスポーツライター、そんな方々の間で素人の私もトークに加わらせてもらいながら、抱いていた疑問がますますふくらんできた。

 ナイキの厚底シューズ、ヴェイパーフライについて国際陸上競技連盟(IAAF)が調査に乗り出し、結果によっては使用禁止など規制がかかるのではないか、と海外メディアが報じた。

 なにしろ、この厚底ナイキの威力たるやすごい。正月の箱根駅伝で優勝した青学大10人の選手全員がこの靴を履いて大会新記録。また区間記録も次々に更新された。今年の箱根は全出場選手210人中じつに84・3%、177人もの選手がこのナイキの厚底を履いていて、テレビに映る足元はピンクにピンク、またピンク。19日に広島で行われた男子駅伝もまたしかりだった。

 もちろん日本だけではない。昨年10月にウィーンで行われたマラソンでケニアの選手がこの靴で非公式ながら、ついに2時間切りのタイムを出し、女子もまた、やはりケニアの選手が16年ぶりに記録を塗り替えた。

 厚底の部分に反発力の強いカーボンプレートを仕込み、その感触は選手に「勝手に足が前に出る」「水上を走っている感覚」とまで言わせるほどなのだ。

 だがここにきて国際陸連から待ったがかかった。

 「選手は用具に関して公平で、かつ技術がスポーツと相いれないサポートを選手に提供してはならない」とする連盟規約に抵触するのではないかというのだ。

 さて、そこで私の疑問だ。この問題を知ったとき、真っ先に思い浮かべたのはかつて見たテレビドキュメンタリーだった。パラリンピックを目指す女性ランナーのために足にフィットし、より強く、より高く、バネのようにしなる義足を試行錯誤しながら作り出していく技工士。まさに二人三脚。そこに流れる信頼関係に胸を熱くした思い出がある。

 それにこうしたスポーツ用具の進化が一般社会を、より豊かなものにしたケースも多々あるのではないか。だけどそれもこれも連盟のいう「スポーツと相いれない技術のサポート」なのか。だったら、そもそもパラリンピックもパラスポーツも成り立たないのではないか。

 今回は、どなたかこんな私の疑問に答えてくれないかと思い、コラムに書いてみた。

(2020年1月28日掲載)

 

|

2020年1月23日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

あの時の思いを語り継いでいく
-阪神・淡路大震災から25年-

 この冬一番の冷え込みという予報に反して、神戸は穏やかな朝を迎えていた。6434人が亡くなった阪神・淡路大震災は17日、発生から25年となった。神戸市中央区、東遊園地の「1・17のつどい」で、5時46分の時報とともに、私も黙とうをささげてきた。

 胸に行き来するのは、この25年、取材でお世話になった方々の姿ばかりだった。

 当時6歳だった桜子ちゃんが亡くなった東灘区の加賀さんのお宅には年明けお邪魔した。元気だったら桜子ちゃんは今年31。お母さんの翠さんは「でも、ずっと6歳のままだったんです。それが、お友だちがお嫁さんになった、お母さんになったと聞いて一気に、そう、あの子も31なんだって」と、この25年を振り返る。

 あの朝、桜子ちゃんと一緒に寝ていた祖父の幸夫さんは「孫に恥ずかしい町づくりはできない」と、強引に道路建設を進める神戸市と時には涙をためてやり合った。

 震災15年を前にした2009年、久しぶりにお目にかかった直後の大みそか、75歳で旅立たれた。いま自宅前の女の子のお地蔵さんが静かな町を見つめている。

 六甲道の商店街の溝の上に小屋を建て、愛犬チビと一緒に3度も神戸の冬をすごした武田のおばあちゃんには、わが家の愛犬ともども15年間、必ず大みそかにお目にかかった。2011年東日本大震災の前日、病に倒れ、その夏89歳で亡くなられた。 震災でご主人を亡くし、小屋から仮設、そして復興住宅へ。でもめげることのない人生だった。

 1月16日夜、芦屋のマンションの本契約をした9時間後、マンションは傾き、壁が崩落した。「このガレキの山に30年間ローンを払い続けるの。私の人生って、まるで漫画でしょ」と、泣き笑いしていたピアノの教師の女性は、その後、出来たご縁に「これからはついえてしまうもの、壊れてしまうものではないものを大切に生きて行きます」と、新たな1歩を踏み出された。幸せになっているんだろうなぁ─。
 
 25年という歳月は、あくまでひとつの区切り。私たちの仕事は、嗚咽をこらえ、涙をぬぐって取材に応えてくださった方々のあの日、あの時の思いを語り継いでいくことに尽きるのではないか。

 今年、東遊園地の5000本の竹とうろうが描いた文字は「き・ざ・む」だった。

(2020年1月21日掲載)

 

|

«日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏