2020年11月26日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

分断の時代に消えゆく…「革新勢力の旗手」
‐1人になった社民党‐

 社民党の機関誌「月刊社会民主」にコラム「気ままにひとこと」を連載して実に21年になる。その長期連載の灯が消えかけている。私が執筆をやめようと思ったわけではない。社民党そのものがなくなろうとしているのだ。

 14日の党大会で、4人の国会議員のうち3人が立憲民主党に合流、福島瑞穂党首ただ1人が党に残る。そうなると、政党助成法などが規定する「政党」ではなくなる。党大会では怒号が飛び交い、福島党首が「出て行くおとっつあんに、なんで拍手を?」と言えば、照屋寛徳元副党首が「あなた1人が先輩方が築いた遺産をすべて食いつぶした」。

 1945年、終戦直後の社会党結党。60年、70年安保に米軍基地闘争。沖縄返還や護憲運動。一時は200人以上の国会議員を擁し、村山富市首相や土井たか子衆院議長も輩出した革新勢力の旗手。だが、96年に社民党となって以降、党勢は落ち込むばかりだった。

 「マドンナ旋風」「山は動いた」「自民党と民主党の違いはカレーライスとライスカレー」。そんな言葉も、いまはなつかしさだけだ。とはいえ議会を通じて富を公平に再分配する社会民主主義の理念は大事にしたい。

 一方で、いまの政治に目を向けると、1強支配対寄せ集め野党。コロナ禍では、命か、経済か。住民投票の記載は「賛成」か「反対」かだけ。海の向こうでは、赤か青かで真っ二つ。何事も二分、分断され、両者がなりふり構わず、いがみ合う。

 そんなとき、「みんな、ちょっと待って」と、ときには気ままに、ときにはピリリと辛いひとことが言える、小粒の政党があってほしいと思うのだがー。

(2020年11月24日掲載)

|

2020年11月25日 (水)

電話・FAX復旧のお知らせ

 ご迷惑、ご不便をおかけしましたが、入居するビルの電気設備工事は無事終了し、弊社の電話、FAXも復旧致しました。。
 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

|

2020年11月24日 (火)

電話・FAX不通のお知らせ

 11月24日(火)21時頃から11月25日(水)14時頃まで、入居するビルの電気設備工事の影響により、弊社の電話、FAXが不通になります。
 その間にご連絡を頂く場合は、下記アドレスにメールにてお願い致します。
 ご迷惑をおかけしますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。

 oao@nifty.com

|

2020年11月19日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

第3波も個々人の底力で乗り切るしかない
‐とんでも「Go To」尻目に…‐

 オランダより友来る。空手普及のためオランダに渡ってほぼ半世紀。旧知の今野充昭さんが久しぶりに帰国して東京でお会いした。

 日本に戻って、まず目を丸くしたのがマスクマスクの波。オランダは、人口は日本の7分の1ほどなのに新型コロナの感染者は42万人、死者も8200人と、いずれも日本の4倍。だけど政府がいくらマスクの着用を訴えても、3割近くの人は、どこ吹く風の個人主義の国。

 その一方、日本ではオランダから見れば信じられない、国が旗振り役の「Go Toキャンペーン」。

 「だけど国がとんでもないことをしても国民1人1人は、人にうつさない。人からうつされない。それに徹する。これこそが本当の個人主義だと思うのです」

 いまではオランダと日本のスポーツ界の懸け橋となっている今野さんが、もっと驚く出来事があった。

 コロナ禍の中、初めて米、中、露の選手を招いて開いた体操の国際大会。内村航平選手の「偽陽性」で関係者をヒヤヒヤさせたが、結果は大成功。今野さんは国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長はじめ関係者に頭が下がる思いだった。

 定期的なPCR検査に会場への送迎。他者との接触。関係者は「選手をシャボン玉で包んでいるような毎日だった」という。日本人ならではの細やかさ。大会を終えた内村選手も「東京五輪も『「できない』じゃなくて、『どうにかできる』方向に考えを変えて」と話す。

 今野さんは、いささか母国を持ち上げすぎという気もするが、寒さとともにやってきたコロナ第3波。国がかたくなに続ける施策を尻目に個々人の底力で、なんとか乗り切るしかないようだ。

(2020年11月17日掲載)

|

2020年11月12日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

日本のきな臭い状況を危惧した「ささやきの人」
-亡き池内紀さんを思う-

 〈もっとも尊敬する物書きであり、その飄々とした穏やかな人柄にはいつも心がなごんだ〉

 ふと手にした「ベスト・エッセイ2020」(日本文藝家協会編)で目にした評論家の川本三郎さんの一文、「池内紀さんを悼む」が、静かに心に残った。

 池内さんは、カフカ全作品を翻訳したことで知られるドイツ文学者だが、私には軽妙でおしゃれなエッセーがなじみ深かった。8月30日、78歳で亡くなられ、川本さんがこの一文を朝日新聞に寄せられていた。

 池内さんの人柄を川本さんは〈権力や権威とはほど遠い。自分の知的好奇心のおもむくまま仕事をされた〉と書く。こんな言葉に私が胸を動かされた、その根っこには菅首相による学術会議からの一部学者の排除があった。

 問題を「学者個別の人事。コメントは差し控える」と切って捨てる。そこには、知的なものに対する謙虚さはみじんもない。むき出しの権力と権威があるばかりだ。

 川本さんは池内さんについて〈ドイツ文学者として、愛するドイツになぜ、ナチズムが生まれたかが、終生の課題になった〉と書く。

 学術会議に話を戻せば、菅首相はここにきて一部学者の排除は公安警察出身の官房副長官の差し金だったと認めざるを得なくなった。

 さらに川本さんは池内さんを〈昭和15年生まれ。戦後民主主義のなかで育った。だから近年の日本のきな臭い状況を危惧されていた〉と記し、〈ただ大きな声は嫌った。ささやきの人だった〉とも書かれている。

 海の向こうでは、ひとり、謙虚さなど微塵もない男が権威と権力をむき出しにして、きょうもまだ大声でゴネている。

(2020年11月10日掲載)

 

|

2020年11月 5日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

「クマ射殺報じるな」に思うこと
-人同士いがみあってどうする-

 

 この秋、何度このニュースを伝えたことか。そのたびに胸が痛む。環境省が先週、4月~9月の全国のクマ出没情報が1万3670件で、過去最多となったと発表した。秋田、新潟では襲われて2人が亡くなり、石川県加賀市では人の出入りの多い大型商業施設にまでクマが入り込んだ。

 その地域の方々の恐怖はどれほどだったか。そんな被害を未然に防ぐ意味もあってニュースにするのだが、最近、やりきれないことが起きている。自治体から「クマを射殺した」という結末までは報じてくれるな、という要請がくるのだ。町や村、それに猟友会にまで「かわいそう。なんで殺した」という電話やネット上の非難が相次ぎ、猟友会の中には「出動したくない」という人も出てきたという。

 私も動物は大好きだ。だがそれとこれとは違う。元はといえば戦後、国産材の増産だとして、クマやサルが大好きな実がなるブナやミズナラの木を切り倒してスギとヒノキの山にしてしまった。その結果、クマたちは慢性的なエサ不足。スギやヒノキの若芽が好物のシカは大繁殖してしまった。

 さらに減反政策と急激に進む地方の過疎化。クマと人の境界にあった里山は荒れ果て、空き家の庭にはクマが大好きなカキやクリ、ミカンが実っている。これらはみんな、人間の予期せぬ失敗から始まっている。

 それなのに、人と人がいがみあっていてどうするんだ。せめて里山の手入れや、残された果樹の伐採に追われる町を村を、寄付などで応援できないものか。

 山に小雪が降るころ、長い冬眠に入るクマたち。静かな、静かな里の秋は、もう目の前だ。

(2020年11月3日掲載)

 

|

2020年10月29日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

だらしない国のたらい回し文化
-国勢調査とコロナに思う-

 10月18日、日曜。大阪・豊中市のわが家のポストに[至急]と赤字で書かれた督促状が入っていた。「国勢調査の調査票を至急ご提出ください! 調査には回答の義務があります」とある。いきなり「義務だ」とは随分な言い方ではないか。

 それに、だ。わが家は調査員への提出やネット回答を避け、個人情報が確実に守られそうな郵送にして10月4日に投函している。いくら「すでに提出されて行き違いの場合はご容赦を」と書かれていても、2週間もたっての行き違いはなかろう。

 月曜の朝、市のコールセンターに電話すると、応対した女性は「いま、そうしたお問い合わせが殺到していて担当者が電話しますが、いつになるかはわかりません」。夜7時すぎにやっとかかった市の担当者によると総務省統計局国勢調査実施本部が一括管理。届いた回答によると、わが家の調査票は「10月8日18時到着」となっているという。

 大阪から東京への郵便物が4日もかかるとは思えないが、8日に届いていたのに18日に督促状とはどういうことだ。担当者によると、国の実施本部の作業が遅れに遅れ、到着から10日たっても提出済みにならず、市町村に「督促状の配布を」の指示がきてしまったという。

 コロナ禍緊急事態のころを思い出すではないか。保健所に電話をすると、「国のコールセンターだ」。国に電話をすると、「こっちは手がまわらない。保健所に言ってくれ」。その間、どれほどの死者、重症者を出したことか。私たちの国は、いつからこれほど無能で、だらしなくなったのか。

 寒気が迫ってくるなか、コロナ感染者数が不気味に増え続けている。

(2020年10月27日掲載)
 

|

2020年10月22日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

「高齢者免許保証人制度」導入を
-年寄りのわがまま、極まれり-

 東京・池袋で昨年4月、車を暴走させ、当時31歳の母と3歳の娘を死亡させたうえ、9人に重軽傷を負わせた元通産官僚、飯塚幸三被告(89)の裁判で、飯塚被告はおわびの言葉を口にしたものの、事故原因は車の欠陥として無罪を主張。被害者の遺族は「だったら謝ってほしくなかった」と唇をふるわせている。

 だが、いま法曹関係者から届く声は「判決確定時には90歳。有罪になっても執行猶予」というものが大半だ。とすると、飯塚被告は身をもって償いをすることなく、生涯を終えることになる。それでいいのか。

 一方、この事故のあとも、高齢ドライバーによる死亡事故や暴走があとを絶たず、あげくには免許返納を説得する家族に対する傷害事件。私も高齢者のひとりだが、「年寄りのわがまま、極まれり」という気がする。

 そんななか、私が最近テレビ番組のコメントや司法関係者との会話で折に触れて、これはどうか、と訴えているのが「高齢者免許保証人制度」だ。小難しい話ではない。例えば高齢者の場合、親族だったら2人、親族以外だったら3人以上の保証人がつくことを条件に免許を交付するのだ。

 保証人のなり手がなければ高齢者はあきらめがつくだろうし、一方で保証人を引き受ける息子や娘は「高速道は不可。一般道に限る」「運転は昼間のみ」といった法律的にはなかなか難しい条件もつけることができるのではないか。

 車がないと日常生活もままならない地方の事情もわかる。だが、池袋事故で残されたパパの誕生日を祝うありし日の母と娘の映像に、お年寄りもこのくらいの条件は良しとしようよ、と思うのだ。

(2020年10月20日掲載)
 

|

2020年10月15日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

「任命せず」の向こうに待つ暗闇
-学術会議新会員問題-

 だれもがことの本質に気づいていないのか。それとも気づいていて、そこから目をそらしているのか。

 先週、菅首相は日本学術会議の新会員候補6人を任命しなかった問題で「初めて名簿を見た時から105人の候補のうち99人の名前しかなかった」と明らかにした。とすると学術会議が総会で決定、8月に内閣府に提出した105人の候補の中から6人を「任命すべきではない」と削除したのは内閣府ということになる。

 本当なのか。今回任命を拒否された6人は、いずれも安保法制に反対する会の賛同人だったり、辺野古埋め立てに抗議するなど政権に批判的な学者ばかりだ。内閣府が105人の候補の論文や研究テーマ、日ごろの活動。それらを2カ月足らずで把握、任命の可否を決定することが果たして可能だったのか。絶対に無理だ。

 では、それを可能にしたのはだれか。私たち公安事件に関わることが多い者でなくても、この国の情報諜報機関の存在に気づくのではないか。警察庁警備局を頂点とする全国の公安警備警察。それに公安調査庁、軍事機密の自衛隊情報保全隊、内閣情報調査室(内調)、さらには国家安全保障局。

 これらの情報機関の存在なしに今回のことはあり得ない。その結果、首相に届く前に6人の名前が抹消されていたとすると、背筋がゾクッとなるではないか。

 首相の選挙区とは関わりなく「横浜事件」が思い浮かぶ。1人の学者の論文をきっかけに特高警察が60人を逮捕。すさまじい拷問の末、4人か獄死した戦時下、最悪の言論弾圧事件。今回の「任命せず」の向こうにも、そんな暗闇が待ち構えているように思えてならない。

(2020年10月13日掲載)

 

|

2020年10月 8日 (木)

日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏

禍をはね返すスポーツの力を思う
-戦後初の甲子園1番打者の死-

 黒田脩さんのことをいま1度書かせていただく。1946年(昭21)、西宮球場で復活した全国中等学校優勝野球大会、いまの夏の甲子園の戦後初の1番バッター。そして私の恩師、黒田清さんの実の兄。8月31日、91歳で亡くなられ、先週、大阪のリーガロイヤルホテルでお別れ会が開かれた。

 穀物卸の事業に尽力される一方で学生野球の発展に力を注いだ生涯。新型コロナ禍の中、400人もの方が参列された。私は当日、テレビ出演と重なり、ビデオでお別れの言葉を届けたあと、献花に駆けつけた。

 会は黙祷のあと各界の方が弔辞を読まれ、元阪神監督の吉田義男さん(87)は、日刊スポーツ編集委員の寺田博和さんによると、〈「野球が戦後復興期の苦難の時代から国民的スポーツになったのは、黒田さんのような情熱のある野球人が支えてきたからです」と語りかけた〉と本紙電子版に書かれていた。

 ABCテレビの名アナウンサー伊藤史隆さんは「野球に対する熱気、若者を慈しんだ人生。思い出の写真コーナーで阪神・淡路大震災の痕跡が残る甲子園球場で語り合う脩さんと清さんのツーショットに、しばし動けませんでした」とメールをくださった。

 戦争に、震災に、コロナ禍に、押しつぶされようとも、それをはね返すスポーツと、スポーツを愛する人々の力をあらためて思う。

 ご家族から「お墓に刻む一文を」とお願いされて、僣越極まりないと承知のうえで、こんなことを書かせていただいた。

 球児の夏 戦後初の1番バッターは 平和を尊び 野球を愛し いまここに 静かにバットを置く 

(2020年10月6日掲載)

 

|

«日刊スポーツ「フラッシュアップ」 大谷昭宏